御影石の階段・アプローチ

 御影石(板石)の階段とアプローチです。

 

庭石の販売の中でも、全国どこでも簡単に

 

入手できる材料です。ホームセンターでも

 

庭石・板石・御影石として販売していますが、

 

使い方に特徴が出ますね。

 

 ちなみに御影石・板石は花崗岩です。

 

玄関から駐車場まで、錆色の御影石で繋ぎました。

 

和風の家にマッチしていますね。

 

石積と金閣寺垣

低い石積と高さ約50僂△覿盂媚垣の

 

施工事例です。

 

石積や水鉢・灯篭とマッチしていますね。

 

最近では長持ちさせるために、天然では

 

なく塩ビの竹を使うことが多いです。

 

施工前の天然竹ですが、腐ってぐらぐらに

なっています。

 

 

三要素

三要素

 

|眩
 タンパク質をつくる成分のうち
約16%が窒素からできていて、
葉緑素と種子の中に多く含まれる。
 窒素が不足すると葉緑素が少なくなり、
しだいに葉が黄色く小さくなって
枯れていく。
 逆に窒素が多すぎると、葉が異常に
濃緑色となって葉や茎の水分量が多くなる。
結実が少なくなったり、倒伏しやすく
病害虫におかされやすくなる。

▲螢鷸
 成長ホルモンに含まれ、窒素やカリと
共同して植物の成長を助ける役割をする。
 リン酸が不足すると発芽時の成長が悪く
全体的な伸びが抑えられる。多く含まれると
根の発育が良くなり寒さにも強くなる。

カリ
 植物の体液中に含まれている要素で、
葉にできるデンプンを糖に変え、できた糖を
茎や根に移動させる。また、タンパク質の
生成に重要な働きをしている。
 カリが不足すると葉の先や葉脈が黄色くなり
下葉から始まり上葉にかけて枯れていく。

植物に含まれている元素

 植物には50種類以上の元素が含まれている。

空気中から、光合成によって、水分と一緒に

根からと、吸収される方法は様々です。

 

 水に溶けた形で吸収されるものには、偶然に

吸収される元素のある。植物をどこで育てても

その植物に含まれる元素量に変わりがない時は、

その元素を必要要素という。

 

必要要素は100年も前から証明されている。

植物に含まれている量を%で示すと

 

酸  素(O) 44.4%

炭  素(C) 43.5%

水  素(H)  6.2%

窒  素(N)  1.4%

リ  ン(P)  0.2%

カリウム(K)  0.9%

カルシウム(Ca)0.2%

マグネシウム(Mg) 0.1%

イオウ (S)  0.1%

鉄   (Fe) 0.08%

 

以上が10元素といい、植物の成長には必ず

必要です。

植物が吸収する中で最も多いのは、窒素・リン・

カリで、これらを三要素といいます。

庭石の販売施工事例です

 庭石を販売しての施工事例です。

 

庭石を好まれ多くの庭石をお持ちでしたが、追加で

 

三石購入されました。

 

 苔や花植栽等とマッチして雄大さを感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

庭石の販売です

 庭石が3石販売されました。

 

ありがとうございます。

 

sold outになりました。

 

 立石・岐阜石などの景石です。

 

 

 

窒素の循環

窒素は動・植物中にタンパク質の形で存在しているが、

 

排出物や遺体となると微生物によって分解され、

 

アンモニア態、硝酸態の窒素となり植物に吸収される。

 

吸収された窒素は再び植物タンパク質に変化し、植物を形づくる。

 

 

.▲鵐皀縫化

動・植物の遺体中、タンパク質がアンモニア化生菌によって

アンモニア化合物を作り出す作用の事で、水に溶けやすく

直接植物に吸収される。

 

⊂忙晴宗幣鵬宗

アンモニア化した窒素が、土中に酸素が多いと硝化菌の作用を

受け硝酸や亜硝酸に変わることで、アンモニア化合物より

さらに水に溶けやすくなり植物に吸収される。

 

Cγ盧醉

硝化作用によって作られた硝酸や亜硝酸が、酸素の不足した

湿地などにできると脱窒菌がこれらの酸を還元し窒素を空気中に

放出する。これを脱窒作用という。

 

微生物の活動条件

 前回は微生物の種類に付いてでした。今回は
その微生物が条件によって増減するお話です。

・水分
微生物の育成には水分量が大きく影響し、乾燥すると
活動を停止して休眠したり、死んだりします。畑や庭の
ような乾燥地では、好気性菌(酸素が無いと育成
できない微生物)が活動し、水中や土中では嫌気性菌
(酸素が無い状態でも生育できる微生物)が働きます。
好気性菌は土に60%位の水分が含まれる時に最も
良く活動します。

・温度
微生物の活動に適した温度は27〜28℃くらいです。
低くなると数が減り、0℃ではほとんど存在しない。

・深さ
森林や草地では2〜3僉⇒臙呂任錬隠悪僂僚蠅
最も多い。空気と有機物が少ない1m当たりでは、
ほとんど存在しない。

・ph
細菌や放線菌は中性か微アルカリ性の時に最も活動し、
糸状菌はph4.5以上の酸性を好んで育成する。


 

土中の微生物

 土の中には、多くの種類と数の微生物がいて

有機物を分解して植物の成長に役立っています。

除草剤などで殺してしまわないように、注意

したいものですね。

1、細菌
有機栄養細菌は、土中の動・植物の遺体から炭素や
窒素を取って、菌体を作り生活する細菌です。

2、糸状菌
糸状菌とはカビの事で、他給栄養で育成に必要な
エネルギーと身体を、土中の有機物を分解して得ている。

3、放線菌
細菌と糸状菌の中間の性質で、細菌と体の大きさは
変わらないが菌糸を作り出す。

4、藻類
葉緑素を持っているものが多く、光合成によって
有機物を作り出す。ラン藻・緑藻・ケイ藻に分類され
ラン藻の中には空気中の窒素を取り込み、水田の
生産力向上に役立っている。

5、原生動物
ベン毛虫・根足虫・セン毛虫などの種類があり、細菌を
捕食したり有機物を分解して生活する。
ミミズや昆虫の幼虫は土や動・植物の遺体を消化し
植物が直接吸収できる養分を作っている。

耕地の深さ2.5cmの所で7200万もの数がいると

されています。20僂里箸海蹐任癸苅娃伊も生活して

いるので、やはり除草剤は考え物ですね。
 

phと土の酸度

 ph(ペーハー)とは水素イオン指数の事で、水溶液中に存在する

水素イオン(H)の濃度を示す数値であり、水溶液の酸性/アルカリ性の

強さを示す尺度として用いられています。

 1から14までの数字で区分されていて、数字が低いほど酸性度が強く、

数字が多きいほどアルカリ性が強いです。中央値の7は中性になります。

 日本の畑地の15%が5.9以下の弱酸性〜4.9以下の強酸性を示しているが、

田畑には6.0〜7.0の微酸性が好適です。

 稲・にんじん・かぼちゃなどは5.5〜7.0が良く、大根・玉ねぎなどは

6.0〜8.0が良いとされています。

 



 

庭石.COMブログMENU

NEWS&TOPICS

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

庭石 通販の庭石.COMオフィシャルサイトへ

ATOMRSS