スプレーでリニューアル

 スプレーでリニューアルです。

 

スタンプコンクリートをして14年、大分くたびれていました。

 

削って、その後スプレーしました。

 

 ビフォアー・アフターを比べると、色とりどりで楽しい

 

雰囲気になって見えませんか?

 

 

アンティークな雰囲気で。

 アンティークな石畳をイメージして作りました。

 

ベルギー産の石を使用しました。チョキ

 

 花壇は、汚れたレンガを購入して前後差・高低差を

 

あえてバラバラにして、素人が積んだようにしました。

 

これがなかなか難しいのですね。また、モルタルの

 

汚れもそのままにして、汚くしたのです。グッド

 

 汚れたレンガは売っていることに驚きですびっくり

 

 アンティークを作り出すのは大変ですね。

 

 

石張り風のアプローチ

 アパートのアプローチです。

 

石張り風にアプローチを装いました。10年以上メンテナンスを

 

しなかったので、模様が無くなっていました。

 

 マットスプレー工法で新たに変身です。今回は一部の写真ですが、

 

最終的には全面やり替えです。こうご期待を。

 

完成

 

施工前(所々剥げています)

3種類の石材のコラボです

 飛び石や平板がいたるところに設置してありました。

 

樹木の勢いも思わしくなかったです悲しい

 

草もけっこう多かったです。

 

 

 

こんな感じでした・・・

 

 

大幅なリガーデンに取り組みました。

 

飛び石は一カ所に集め、敷石でモダン和風なアプローチを造り、

 

延べ石で変化を付けてみましたよ楽しい

 

 

 

 

いかがでしょう!すっきりと広くなりました。

 

3種類の石材のコラボです。

 

 

池石組補修

池の石組・水漏れ補修です。 

 

50〜60僂慮颪5匹いる、約10屬曚匹

 

池の水漏れ補修工事です。

 

 石の周囲に粘土セメントを丁寧に塗って、水漏れを防ぎました。

 

   

 

丸い鼠色の玉は粘土セメントです。約50個ほど使いましたよ。

 


 

 水色の池の写真は、1日の灰汁抜き状態です。

 

 

洗浄した池に再び鯉さんが元気に泳ぎました!

 

めでたし、めでたしです(^^)

庭のシンボルツリーにエゴノキ

 エゴノキ

 

 開花時期は5月で、可憐に垂れ下がる花を

 

たくさん付け、樹形も美しいため、1年を通して

 

楽しめます。

 

 株立ち(地上部から数本の幹が枝分かれして

 

出ている)も多く出回っており、より野性的な

 

樹形を楽しめます。

 

 食べられはしませんが、花の数だけ実が付き、

 

また、1枚1枚が違った紅葉をするのでどちらも

 

見ごたえがあります。

 

 近年では、庭のシンボルツリーとしても人気が

 

あります。

 

   

 

 

ウグイスカズラはいかがですか?

 ウグイスカズラです。

 

 株立ちになり成長が早いので、庭石の音締めに

 

植えると良いですね。

 

 4月〜5月ごろ、淡いピンク色で先端が5つに開いた

 

ラッパ状の小さな花を咲かせます。

 

 花後、長さ1cmほどのだ円形の果実ができます。

 

果実の生長は早く、6月頃には赤く熟します。

 

熟した果実は透明感があり、日に当たると透き

 

通るような美しさがあり、食べると甘いです。

 

 

 

 

庭石との相性は抜群!

 イロハモミジ

 

 紅葉(もみじ)の語源は、秋に赤や黄に変わる様子を

 

昔「紅葉づ(もみづ)」といったことにもとづくらしい。

 

「イロハモミジ」の名は掌状に5〜7裂する葉の先を

 

「いろはにほへと」と数えたことから付いた。

 

 七色に紅葉し、やがて赤く染まっていく姿は

 

秋のだいご味ですね。庭石の背景にモミジを植えたなら

 

庭石もモミジも「わびさび」を醸し出しますね。

 

 色々な色のコントラスト

 

 

アロニアを花壇に・・・

 アロニアの紹介です。

 

花の構造がナナカマドに似ていることから、ロシアでは

 

「黒い実のナナカマド」と呼ばれており、テレビ等では

 

「(ブラック)チョークベリー」という名で紹介されることもあります。
 

 耐寒性が強く、ブルーベリーやハスカップよりも豊富な

 

ポリフェノール成分を含有しており、ジャムにもできます。

 

 特に目の疲労回復や機能改善に効果があると言われている

 

アントシアニンが多いのが特徴です。

 

 花壇に植えて、実ができるまで育てて見てはいかがですか?

 

  

庭石と榊(さかき)

 榊は6月頃に白い花を付ける常緑樹です。

 

神社では、玉串として神事に使われます。一般の

 

家庭では神棚にお供えします。

 

 「栄える木」がなまって「さかき」と言われたり

 

地の境の木として「境木(さかき)」と言われる

 

説もあります。

 

 神社や神事で使われるこの木は、漢字で「神の木」と

 

書きます。まさに神聖な木として存在します。

 

 自然(神)の象徴である庭石と共に庭に植えては

 

いかがでしょう。

 

  

 

庭石.COMブログMENU

NEWS&TOPICS

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

庭石 通販の庭石.COMオフィシャルサイトへ

ATOMRSS