さざれ石

 庭石にも使われるさざれ石という石は、君が代の歌詞の中に出てきますが、

小さな石と石とが繋がって一つの石になったものをそう呼びます。

 君が代の歌詞は「千年も八千年も、細石(さざれいし)が結束し大きな

岩(巌・いわお)となって、それに苔が生えるほど長く続きますように。」

という意味があるらしいです。拍手とても意味深いですね!

 科学的にいうと、炭酸カルシウムや水酸化鉄が石と石の間に入り込んで

繋ぐ役割をし、小さい石を大きな石の塊にしています。「石灰質角礫岩」と

いう分類になります。チョキ

 
 

石の歴史

 地球自身石の塊であるので人間の小ささに改めて驚きますびっくり

ここでは人の生活の中で、文化と文明の中で使用されてきた石材という事で考えてみたいグッド

 石は古代の狩猟に投げることから使われ、刃物として、そして料理台として使われてきた。

また、境界石として、墓石として、建築材として使われ何千年前のものが残っているのが石です。

ピラミッドやヨーロッパに多く残る巨大な建築、宝石指輪・碁石・カーリングのストーンに至るまで、

私たちの歴史の中や現在の生活の中に文化として残っています。

 庭石も日本の大切な文化を未だに伝承し続けています拍手日本では特に「わび・さび」という

風情を味わい、こころ穏やかにさせてくれます。庭石に苔が付くとその風情はいっそう高まりますね。

 

庭石.COMブログMENU

NEWS&TOPICS

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

庭石 通販の庭石.COMオフィシャルサイトへ

ATOMRSS