庭石の仲間たち

 一言で庭石といても、庭の中にはいくつかの名前を持つ石があります。!

庭を歩くときには飛び石の上を歩きます。座敷から出るとき・入るときは沓脱石で

履物を揃えます。茶室に入るときは、蹲踞で身と心を清めます。その役石の上には、

お湯または水が置かれたり、灯が置かれたりします。

 大小3石を組み合わせ、三尊仏のように石を組んだ三尊石組は、庭石の中でも

基本的な石組になります。!それに使われる石は、ごつごつとして根が

入り込んだりしている山石、丸みを帯びている川石、貝などが付着している海石が

あります。

 石組の難しさは、据える時にあります。石の顔はどこなのか?正面はどこを

向かせるのか!?「36通りを考えなさい」と昔言われました・・・それを

3つ組み合わせるわけですから、たらーっさあ大変です。

 据える方の感性・意匠・想いが出る瞬間です。同じ石を使っても同じものができないチョキ

おもしろいですね・・・

 

 

コメント

コメント投稿フォーム:

 
 

コメント投稿一覧:

庭石.COMブログMENU

NEWS&TOPICS

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

庭石 通販の庭石.COMオフィシャルサイトへ

ATOMRSS